―Sky Clouder―


〈幕間・一〉
「ある夜の談話」


 キィ、と、静かに扉を開ける。
 その部屋の中には、蒼い光のみが満たされていた。大きく、広く設けられた前方の窓や、頭上に取り付けられている小さな天窓は、マテリアル
と雲、そして月光が織り成す光をまんべんなく取り込んでおり、さながら自然の蛍光灯と言った所。
 「…………」
 板張りの床を私のシューズが踏みしめ、特有の音を連続で響かせる。外を歩く時とも、家の中を床履きで歩く時とも異なるこの音は、否応なし
に私の表情や性根を引き締めてくれる。
 ――そう言えば、義兄さんが歩いている時は、良くこんな音が部屋の中に響いている。近頃、焦りで何だか色々見落としていたなあ、と胸中で
苦笑して、私は、目的とする場所の前に正立した。
 丹念にニスを塗られた、木製の一人用角型テーブル。自分の座高にきっちりと合わさった椅子がその下部に収められており、改めて、ここが私
の座るべき場所なのだと感じさせられる。
 机の上部に設けられている――いや、正確に言うなら、半ば机に埋め込まれ、一体化している――のは、一四インチ程度のディスプレイとキー
ボード。装飾など一切施されておらず、色もシンプルにライトグレーのみで統一されているが、使い勝手そのものが良いから、寧ろこの質素さが
すっかりお気に入りとなっていた。
 そして、そんなディスプレイの隣には、小型マイクと両耳にあてがうタイプのヘッドフォンを組み合わせた、黒色の通信機が置かれている。
 ――これら一式を総称して、ナビゲートコンピュータ……通称「ナビコン」と言う。多岐にわたるこの装置の昨日を駆使してカイト達クラウダ
ーに周辺の状況を伝達し、その働きをサポートする事が、私たちナビパートナーの主な役割である。
 「よ、っと」
 キャスター無しの椅子を持ち上げて引き出し、座ってナビコンと正対する私。ふぅ、と一つ息を付くと、通信機を耳に当て、口元にマイクを動
かしてゆく。
 「――シプセルス、イグニッション。機体離陸、……晶含雲内部へ突入。周辺、飛雲機多数。レベル換算……設定、6……」
 喋る間も視線を合わせ続ける漆黒のディスプレイには、先程より何一つ映ってはいない。まあ、あくまでこれはイメージトレーニングなのだか
ら、当然の事だけれど。
 流石にこれまでの半年間、姉さんや義兄さんからナビについての手ほどきを受けた成果は出ていると思う。既に私の脳裏には、ナビコンの電源
を入れた時の画面が表示され、瞬く間にそれは、クラウダー達による『雲取り』の時と同じものに変化して行っている。
 本当、こういう事がすらすらと出来るようになったのだから、拳骨やバインダー等で常々頭を叩かれてきた甲斐はあったと言うものだ。
 「左右から3、飛雲機接近。回避後、マテリアル粒子を辿って4―3―8と移動。最低でも一〇メートル以上、距離を保って速度維持……」
 そんなものは所詮、頭の中の計算でしかあるまい――などと、クラウダーについて良く知らない人々から言われる事もある。実際の画面を見ず
に一人だけでこんな事を行っているのだから、ある程度は仕方ないのだろう。
 けれどこれは、私たちナビパートナーにとって絶対に必要な訓練。クラウダーの置かれた状況を瞬時に理解して、少しでも速く、正確に情報を
伝える――それを出来なければ、この仕事をやっていく資格は無い。
 「……ブースト始動、速度を上げてコース2―6―4―5へ。……、……カウント9、雲取り場へ到着……」
 私が行っているこのイメージトレーニングは、ルーセスの街から飛び立つ飛雲機と上空に形成される雲、そしてその折に発生するマテリアルの
数や範囲などから纏め上げられた、仮想コースを用いたもの。で、今は、その難易度を「レベル設定、6」――ギルドから認定されたクラウダー
のレベルに当てはめて、雲取り場までのルートをナビゲートしたのである。
 ちなみにそれ以降は、ひたすら全方位に気を配りながらマテリアルを採取しなければならず、加えてマテリアルの散在はそれこそ千差万別。こ
れからの実践で彼と共に腕を上げ、追々トレーニングに組み込んでゆくしかない。
 「……ふぅ、っと」
 その後、別パターンの訓練を幾度か行って、取りあえずは一区切り。
 大きく息を吐いて、椅子にもたれかかる。キィ、と微かに高い音を立てて背もたれが湾曲し、私の視線は上昇。モニターを見る為に少々頭を下
げていたので、蒼い光の差し込んでくる窓が、ちょうど正面に来る形になる。
 「うーん……やっぱり拭えないなあ、違和感」
 つい数日前まで、そこにあるのが当たり前だった筈の光景――それは今や、完全に過去のものとなってしまっていた。
 窓を覗けば常に見えていたあの巨大積乱雲はもはや何処にも存在せず、その名残すら見られない。今はまるでその後継者争いをしているかのよ
うに、幾つかの積乱雲が立ち上ってはいるが……どれもこれも、高さで言うならばあの雲の半分以下。自然にできたものでなかったとはいえ、改
めてその巨大さを考えると、何だか心を鷲づかみにされるかのようだ。
 「――ひゃっ!?」
 ……そんな感じで色々と思いを巡らせていたものだから、頭に触れた突然の感触に思わず素で驚いてしまった。声を上げるや、私は弾かれたよ
うに後ろを振り向き、
 「わ……っとと! び、びっくりした……」
 「って、姉さん……それ、思いっきりこっちの台詞なんだけど……」
 そこにあったのは、眼を丸くした姉の姿。その身体の姿勢から察するに、後ろから近寄ってきて私の頭に手を置き、瞬間、飛び出た奇声に思わ
ず後ずさってしまった、というところだろう。
 「あはは、御免御免。何だか寝られなくて、たまたまナビルームの方に足を向けてみたら、中であんたがぼーっとしてたからさ。……コーヒー
持って来たんだけど、良かったらどう?」
 言葉と共に指し示された親指の先には、簡易テーブルの上で湯気を立てている二つのカップ。そのサイズと柄がちゃんと私たちのものである辺
り、相変わらずそつが無い。
 何せうちの男連中と来たら、しょっちゅうこれを間違えて、私たちに怒られているのだから……そりゃ確かに、ある程度は似てると思うけど。
半年も経てば、いい加減ちゃんと覚えてもらいたいものだ。
 ナビコン前での食事は勿論ご法度ゆえ、私はその後方にある簡易テーブルと椅子に、姉と向かい合う形で座る。
 ……砂糖とクリームは、少々控えめ。流石に姉妹、互いの好みくらいは言わずとも分かっている。
 「――ナビ、頑張っているみたいだね。アンフィプとシプセルス、互いの癖を把握するのって、結構大変じゃない? まあそれは、クラウダー
にだって言える事だけど」
 「うーん……でも、確かにシプセルスそのものは特徴的な機体かもしれないけど、基礎はやっぱりアンフィプだし。何となくだけど、カイトの
操縦技術って、まだ、アンフィプで学ぶところが有ると思う……」
 「へえ――やっぱ、ちゃんと見るべきところは見てるんだねぇ。感心感心、ナビたるもの、そうでなくちゃ」
 真正面から、しかも嫌味抜きでそう言われてしまい、自分の頬が熱くなってくるのを嫌でも悟ってしまう。元々高レベルのナビパートナーだっ
たこの人の言葉だから、尚更だ。
 ……後は、その喜色から滲み出ているにやつきを止めてくれれば、言うことはないのだが。私とカイトの関係が話題になると、明らかに自覚し
てこういう表情を出してくるのだから、タチが悪い。
 「んー? 何、私の顔に何か付いてるかねー?」
 「……いいえ、別に何っにも……」
 無駄な抵抗と分かってはいるが、僅かに眼を逸らし、眉をひそめてみる。いつもだったらこのあたりで、あと二度三度ほど言葉の応酬が有った
りするのだが――場に漂う空気の変化を感じ取って、私は視線を元に戻した。
 「? ……姉さん?」
 「はぁ……まさか、ねえ。仲間連中から聞いていた時は、ほとんど話半分だったからなあ……成る程、これが……」
 「えっと、……何の、話?」
 首を傾げて尋ねてみると、返答に伴って、柔らかな微笑みが彼女から返って来た。
 「いや、ね。あんた達二人が私たちの弟子になって、四人で共同生活を始めて……何時の間にかさ、無意識にそれが『当然の事』みたいに、自
分の中でなってしまっていたんだなあ、って。カイトの操るシプセルスがきっちりと飛んで、爺さんに渡す時計をちゃんと持って帰ってきた瞬間、
ほんの少しだけ、寂しさを感じた」
 「寂しさ?」
 「うん、自分でもびっくりしたんだけど。多分、あの瞬間、単なる言葉でしかなかった『カイトとハルカの独立』とか『ここからの卒業』とか
が、不意に現実味を帯びたからだと思う」
 教える事はまだまだ山のようにあるけどね、と、姉は釘刺し発言を付け加える。耳タコではあるが、それに不要な茶々を入れる気も無い。
 「それに、さ。こうして私たち二人、わざわざ向かい合ってコーヒーを飲んでいる事なんて、実家であった?」
 「……ううん、ほとんど無い」
 その事に関しては、お互いの年齢も関係しているのじゃないか、と、私は思う。
 C.R二六〇年現在、姉の年が二十五歳で私が十八歳。ちなみにフォートさんは姉より二つ年下の二十三歳、カイトは十七歳である。
 年が七も離れていると、それぞれの環境も流石に異なってくる。私が学校にて初等部の門を叩いた頃、姉は中等部で友人たちと気ままに遊んで
いた。反対に姉が家を出た二十二歳の時、私はようやっとナビ・スクールでの生活ペースを掴み始めていた、という具合に。
 決して、姉妹の仲は悪くない。だが、時折顔を合わせる事が有っても、お互いに踏み込む事の出来ない一歩、というものが感じられた。半年前
の私だったら、それを「住む世界が違うのだ」という一言で片付けてしまっていたと思う。緊急の時でもない限り、互いへの干渉や連絡は、何と
もそっけないものになってしまっていた事だろう。
 ……そういう、有り得たかもしれない未来を「駄目」と言うつもりは無い。それだってれっきとした一つの生き方なのだし、決して無下に否定
したりはしないけど。でも――今の私だったら「勿体無いなあ」等と、考えてしまったりもするわけで。
 「あの頃は、いちいちそんな時間を作る必要も感じなかったし。作ったところで何を話したら良いのか……って、欲求を打ち消していた」
 「でも……今は、違う?」
 「ああ。正直、あんたとカイトがここを離れたら、こういう話をする機会も減るんだろうな、なんて考えたら、どうにも寂しくてね」
 「…………」
 ……先ほどと同じように、ちょっとだけ視線を逸らす。あくまで「コーヒーを飲む為に顔を下げた」かのような動作で、私は、顔の下半分をコ
ップの縁で隠す形を取る。
 姉の言葉は、素直に嬉しい。が、その反面、「この人と肩を並べたい」という望みが、未だ小さいけど、私の心に確実に芽生えてきている。師
匠と弟子、という関係性からの脱却を望んでいる私が、隠れようもなく存在している。
 ――私たちを指導している為に、姉と義兄のマテリアル採取量が減少したから、とか、私たちの独立を見届けた後でようやっと二人が正式に夫
婦になれるから、とか。元々姉たちと親交の深い他のクラウダー達は、時々そんな事を噂しているらしいけれど。本当にそれらが主な理由だった
ら、私もカイトも、これほど必死になってクラウダー稼業とナビ稼業に打ち込んではいまい。
 ゆっくりと顔を上げ、私と彼女の視線が再び交錯する。
 「……姉さん」
 「?」
 「そんな機会なら、きっとこの先、幾らでも作れるよ。だってその時は、私もカイトも、姉さん達と同じ、一介のクラウダーとナビになってい
るんだよ? 同じ雲の下で働いているんだもの、きっと前よりも簡単に連絡は取れると思う」
 流石に虚を衝かれたのだろう、しばし、真ん丸に見開かれた姉の瞳が私を見据える。
 「へぇ……『一介のクラウダーとナビになっている』ね。中々言うじゃないの、ハルカ」
 「そりゃあ、ね。これでも、レナ=ベルンストの妹だもの」
 互いに口の両端を吊り上げて、にやり、と擬音が聞こえてきそうな笑みを浮かべ――そのまま数秒経って、やがて。
 『――っ、――く……ははっ!』
 揃ったように、堪えきれずに笑い出す。ナビルーム全体を、女二人による弾んだ笑い声が満たして行く。
 「はは、は――ったく、親父殿ってば、相変わらず私ばっかり『じゃじゃ馬』って見なしているけど、この子を見落としているなんてね。どう
考えたって、その素質ばっちりじゃないのさ」
 「もう、自分の事を棚に上げたように……。学校は中退、気に入らないお見合いでは相手の顔を引っぱたく、家は飛び出す、挙句に何年も経っ
て戻って来たら、クラウダーになって義兄さんを連れて来る! お父さんとお母さん、あの後、熱出して数日寝込んだんだよ? あれだけ奔放と
いうか、無茶苦茶やってきた人間が、それを言って良いの?」
 「――とか何とか言うけどさ。そんな無茶苦茶やる人間とその相方をわざわざ師匠に選んで、親の制止を振り切ってここまで飛び出してきたの
は、一体誰の事だったっけねえ?」
 『…………』
 顔を見合わせ、沈黙。そしてまた、どちらとも無く笑いあう。
 ――ああ、やっぱり私たちは、れっきと血の繋がった姉妹だ。この共同生活を始めて、これまでにないくらい、私はその事を強く実感する。そ
して――その実感を得る事が出来たのが、何者にも代え難い、この上なく素晴らしい事だった、という考えも。
 本当――私は、姉さんの元に来て、良かった。ナビパートナーになって、良かった――
 「ふぅ……あー、まさか、あんたと話していてこんなに笑うとは思わなかった。いや参った、こりゃ思わぬ不意打ちだったわ」
 「いえいえ、そんな。まあ、常日頃やり込められている妹からの、ささやかな反撃と思ってくださいな」
 「……ほーぅ、反撃ぃ? 生憎こっちは、あのレベルであんなコース取りをするようなナビに攻撃されても、受けるダメージは皆無なんだけど?」
 「へ? コース、取り?」
 「ああ、あんなのじゃまだまだ甘い甘い。シプセルスのスペックの活かし方に、あれじゃあばらつきがあり過ぎるよ。……うーし、ちょっとば
かり今から、勉強タイムと行きますかね……」
 「え、え、嘘、見られてた……一体、いつから? っていうか、何で突然そんな話に……!?」
 「前者の答えは『イメージトレーニングの後半辺りから』。でなきゃ、わざわざ熱いコーヒーをカップに入れて来られないでしょ?」
 「……あ……!」
 「んで、後者の答え。端的に言うと、あんたに教えてあげる為だよ――『生意気な口を叩くには、まだまだだ』とね。……さあさあ、ちゃっち
ゃとカップを置いてナビコンに座る! 私が隣から、遠慮なくあんたのイメージナビに突っ込ませてもらうからね!」
 「うー……、鬼……!」
 ――うん。良かった、と、思う。そう思う、と言うか、思っておく事にしよう。
 とりあえず今後、この人の前ではあまり調子に乗らないようにしないと。心の中で私はそう誓いながら、師匠の顔になった姉の言葉に従うほか
無かったのであった。

 明けて、朝。時刻は九時十五分前、ナビルーム――その壁に吊り下げられた、情報掲示版前にて。
 「積晶含雲がメインに15ほど散らばっていて、その上空には層晶含雲が広がっています。天候は『白晴』、降水確率は昨日と同じく25パーセ
ントです」
 「ギルドの発表では、現在、19の飛雲機が空を飛び交っている。雲が大規模なものに固まりきっていないから、雲取り場では勿論、それまで
の行き道でも接触には注意する事。良いね?」
 「じゃあ、どこから他の機体が飛び出してくるか、いつもより分かりにくくなっているって事か……了解、重々注意しておく」
 紙にプリントアウトしてきた情報を読み上げる私の言葉と、途中からそれを引き継ぐ義兄、続いてカイトの呟き。そして、それに頷く姉の姿。
 朝食と身支度を整えた後の必須作業である、雲取り開始直前のブリーフィング。飛雲機の格納庫にこの部屋が隣接しているため、こういった作
戦会議は、もっぱらナビルームにて行われるのである。
 「よし、それじゃあ今日も頑張るとしますか。二人とも、ナビはよろしく! 行くよ、カイト――さあ、雲取り開始だ!」
 力強い響きを伴う宣言に、はっきりとした頷きで返す私たち。
 そして、私とフォートさんはそれぞれのナビコンへ。他方、カイトと姉は、家に続くものと反対方向のドアを開けて、格納庫へと向かう。
 二人の後ろ姿を見送りつつ、着席する私たち。既にディスプレイに映し出された画面情報を理解、把握することに努め――
 「……何か、あったのかい?」
 「え?」
 唐突に。隣からの、聞き慣れた柔らかな声が、私の鼓膜を緩やかにゆさぶる。
 「昨日と比べて、ちょっとだけ顔が違ってる。前に、カイトと一緒にシプセルスに乗った後みたいだ」
 「――ええ、まあ。姉さんと、少しだけ話を」
 短くそう応えて、私はナビコンに意識を集中させる。実質それ以上でもそれ以下でも無いのだし、他に言いようも無い。……まあ、少々付け加
えるならば、その後には厳しい勉強タイムが待っていたのだけど。
 
 格納庫からゆっくりと姿を現し、その機体を白空の下へと進めてゆく二機の飛雲機――前方がオレンジカラーの複葉機であるサルディノ、後方
が流線型の単葉機であるシプセルス。こうして並ぶと、シプセルスがどれだけ変り種な機体なのかが良く分かる。
 ……普通の飛雲機は、翼が後方に向かって、しかも流れるようなカーブを描く付き方なんてしない。おまけにプロペラも、後方に一つ設けられ
ているだけだし――つくづくあれは『空を飛ぶ』事が主眼に置かれている設計なのだ。
 「滑走路に離着陸を行っている飛雲機は無し。サルディノ、次いでシプセルス、離陸許可が出ています。発進、どうぞ」
 私の声に「了解」と返答を重ねる、二人の声。格納庫を出て五〇〇メートルほどの場所から、道路は滑走路に繋がっている。
 ――そして。私たちの目の前で、両機は滑走路へと移動し……やがて白空目掛けて勢い良く舞い上がり、勢いのままに雲へと飛び込んで行った。

 姉さんとの談話は、私に、今更ながら『姉妹の絆』の存在を確かめさせてくれた。今度はカイトとも、義兄さんとも、時間を作ってゆっくりと
話してみたい……私は今、強くそう思っている。
 だから――何時もみたいにちゃんと帰って来てよね、二人とも。私とカイトが師匠二人に追いつく為にも、こうして営んでいる共同生活をもっ
と良くする為にも――必ず、だからね。
 その為に、私も頑張る。現状に満足したりなんかしない、これからもっともっと腕を上げてやる。

 空の大半を覆っている雲を窓から見上げ、そっと祈りを投げかけて深呼吸を行う。そして私は、より一層の決意を胸に、ナビパートナーとして
の五感を研ぎ済ませにかかるのだった。




――幕間・一……了


第1話後編へ     第2話へ

創作ページへ

inserted by FC2 system